そのときの等身大の自分を綴る場です。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ホームレス | main | 一段落して >>
見えない部分で支えられている
先日、神奈川県印刷工業組合のセミナーにて、僕がの取り組んでいるインタビュープロジェクト、組合の経営革新マーケティング委員会、株式会社モリサワのコラボで行ったクロスメディア出版トライアルの報告会がありました。

このプロジェクトは紙、電子書籍、WEBの媒体を使いながらいかにうまくコンテンツを広報できるか実践的に取り組むこと、紙の需要が落ちてきている中で印刷会社は電子出版事業といかに向き合うか、といったテーマで行われた企画でした。

206021397

宣伝用のフライヤー



自分達の活動と大学生の電子書籍の意識調査、利用状況などのリサーチと考察をセミナーで簡単に発表させていだきました。

正直30分のプレゼンってはじめてで途中時間内に終わりそうになくてかなり焦ってました笑 振り返ってみると反省点がありすぎて泣きたくなります。。。

ただ今回のセミナーの中で自分にとって一番衝撃だったのは、「自分の知らないところで知らない人が頑張ってくれていた」ということを自分が知らなかったことでした。

今回のプロジェクトにおいて電子アプリの作成に取り組んでくださったのは神奈川のいくつかの印刷会社の制作などを担当してくれている方々でした。

セミナーでは彼らが初めて取り組んだ電子アプリの制作のプロセスを発表する時間がありました。それを聞いている中で「自分の知らないところでこんなに苦労してくれている人がいたのか」と思うと同時にそれをまったく自分が知らなかったことも自分にとって衝撃的でした。

企画を進めていく中で何度か印刷業界の人たちとMTGを重ねてはいましたが、毎回そこに出席するのは社長の方々でその下で働いている人たちとは一度もお会いしたことがありませんでした。

もちろん前提条件として、こちらの担当領域はコンテンツの提供という部分がメインで、電子化するのは自分たちの担当ではなかったのですが、向こうの人たちにとって電子出版などの取り組みは初めてでかなり大変だったのも関わらず、それを知らずに「やってもらうのは当たり前」と思い、タイムラインのズレに苛立ち、どこか傲慢になっている自分がいました。


当たり前のことだけど一つの企画を成し遂げられたのはリーダーや社長が一人で頑張ったからじゃない。それを支えるコアとなるメンバーがいて、さらにそれとは別に見えないところで支えてくれている人もいます。

何か大きな企画をやりきったとき、一番コミットしたリーダーが評価され、それを自信にするのは大事なことだとは思いますが、それを自分一人の力でやりきったと勘違いしてしまう人もいるんじゃないかと正直思います。自分もその一人です。


今回のケースに関して言えば僕は見えないところで頑張ってくれる人たちがいたことを知りようがなくどうしようもなかった部分はたしかにありました。ただそれでも、そのことを知ったときにちゃんと感謝を言葉で伝えることのできる人間でありたいなと思いました。


今回の企画を通してお世話になった方々、一緒に頑張ってくれたメンバーの皆、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://my-stock.jugem.jp/trackback/9
TRACKBACK