そのときの等身大の自分を綴る場です。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ワークショップを考える | main | 助け助けられ。 >>
過渡期
ここ最近いろいろと選択を迫られたりする中で自分の中でいろいろなことがごっちゃになってだいぶカオスな感じになってました。

それでもいつもなら割と早く整理して次に移っていくことができたのに、今回は何故だかずるずると引きずってしまい、だいぶ泥沼にはまっていた気がする。

その原因がよくわからなったけど、今日自分の中でその理由がだいぶしっくりきた。

僕が今一番時間を割いていて僭越ながらも代表をさせてもらっている
RELAY OF LIFE STOCKというプロジェクトで毎週やっているミーティングが2週連続で別の案件と被ってしまいお休みでした。

毎週当たり前のように顔を合わせ、当たり前のように話し合い、ちょっと名残惜しい感じを残しながら帰っていくのが当たり前だった。でも今日副リーダーとちょっと話していてその当たり前が自分にとってはものすごく大事なものなんだなぁって思った。

自分が曲がりなりにもリーダーやっている以上休むことはできないし、毎週MTGのアジェンダを考える時間とか話し合ったことをまとめる時間も必要で、それも慣れるまでけっこう大変だった。でもミーティングの時間からは企画を進めるためのものよりもずっと大事なものを皆からもらっていたんだと思います。

普段皆と会う中で居心地の良さがあって、そこに自分の居場所を見出していたからこそ、ここまでやってこれたんだということに気付いていなかった。だから今回皆としばらく合わずに個人で淡々とタスクをこなしている中でもやもやが蓄積していったんだと思います。

今直面している悩みを考える上で、自分が大事にしていきたいことって何だろって考えてみたけど、なかなか結論がでなかった。でも今日その結論はだいぶまとまった。
何で今この団体に自分は残って活動しているのか。それは自分がやりたいと思えるプロジェクトがあったから。それを続けてこれのはなぜか。それは一緒に頑張ってくれる仲間がいたから。そこだけは間違いないこと。

人にインタビューして編集してWEBサイトに載せる。ただその作業を進めていくだけの企画に過ぎない。でも、その一つ一つのことを試行錯誤しつつも皆で地道に取り組んできたからこそ少しずつアウトプットが出始めて、コラボして一緒にやりたいと言ってくれた人がいた。読んで共感してくれた人がいた。

別にでかいことをしようなんて思わなくてもいいんだ。自分の身近にいる仲間を大切にして、そのメンバーと一緒にできることをコツコツやっていく。それが結果として大きなことになるならそれは素直に嬉しい。ただ規模の大きな活動を行う中で少しずつ忘れていってしまうものはある。だからそのときの等身大の自分を忘れずにいたい。

とりあえずこれが今の自分の等身大。このことだけをは譲らずに今自分で決めなきゃいけないことを決めていこう。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://my-stock.jugem.jp/trackback/6
TRACKBACK