そのときの等身大の自分を綴る場です。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 自分の言葉 | main | 日常に戻る >>
その場にいるだけで満足していないか。

所属して、その場にいることに満足してしまっていないか。

自分の肩書きや役職についていることだけに満足してしまっていないか。

優秀な人たちの集まりの中にいることに満足してしまっていないか。


自分の最近の思考停止のひどさに対して嫌気がさしながらもついつい考えることから逃げている。自分がいる場所で自分に何ができるか考えて具体的な行動に移す。そして結果を出すってことが最近まったくできてない。

演習の期末課題の取材記事を提出するとき、自分の中で全力を尽くしたと思えるものじゃなかった。もっと事前調べをしてから取材に行くこともできた。再取材をもっと重ねることもできた。にもかかわらずどこか妥協してしまった。結果として自分の満足のいくアウトプットが出せなかった。

自分が取り組んでいるいくつかのプロジェクトを振り返ってみてもどこか「こなすだけ」になってしまっているんじゃないかとふと思った。

小冊子の作成は自分がリーダーとして果たすべき責任が「とりあえず形にすること」になってしまっている気がする。フレッジのワークショップ企画も心のどこかで先輩たちに甘えてしまっている。

最初に取り組もうと思ったときの気持ちを忘れて日々の忙しさの中で妥協を重ねてしまう。さらにマルチタスクが苦手なためにすぐに余裕がなくなるっていう悪循環。

そんなわけで今年の目標がちょっとずつ見えてきた。

々佑┐襪海箸ら逃げない
結果にこだわる

このへん意識していきたいです。

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://my-stock.jugem.jp/trackback/15
TRACKBACK